丹波国 篠山城跡

sasayama7.jpg
篠山城は徳川家康が大坂城の豊臣勢の封じ込めと
丹波路を押さえて、西国の大名と大坂方との分断を目的に
1609年西国の15ケ国20大名に、天下普請の助役を命じました。
縄張奉行藤堂高虎、普請総奉行に池田輝政らが指揮を執り
1年足らずで完成させました。
初代城主は松平康重が八上城から移り入城
その後、藤井松平家二代、形原松平家五代、青山家六代の居城を経て
明治を迎えました。

内堀内には、本丸と二の丸を設け
天守は建設されなかったが、高石垣で固められました。
外堀の外周は一辺約400mで、東・南・北に馬出を設けた
堅固な造りでした。
sasayama1.jpg sasayama2.jpg sasayama4.jpg sasayama6.jpg
広大な堀や犬走のついた高石垣など
築城の名手藤堂高虎の見事な技を
見る事ができました。
現在二の丸大書院が復元されていました。

城下はむかし懐かしい町並みが続いています。
sasayama5.jpg
天守台より山上城を望む
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

丹波国 亀山城跡

kame6.jpg

kame5.jpg kame4.jpg kame7.jpg
亀山城は1577年丹波攻略の拠点として
織田信長の命をうけた明智光秀が築城しました。
1579年光秀丹波を平定する。
1582年本能寺の変(光秀亀山城より出陣)・山崎合戦
豊臣政権の重要拠点として豊臣一門が入城する。
1583年豊臣秀勝(信長四男)入城
1585年豊臣小吉秀勝(関白秀次の弟)入城
1589年豊臣秀俊(後の小早川秀秋)入城
1595年五奉行の一人前田玄以が入城する。
1600年関ヶ原の戦い
1602年徳川幕府直轄地となる。
1609年に徳川譜代の岡部長盛が入城する。
1610年幕府は西国大名に命じて、天下普請により
亀山城を近世城郭として大修築させます。
早期完成を命ぜられた藤堂高虎は
今治城の天守用の建材を移築させ
層塔型五重五階の大天守を完成させました。
その後、徳川譜代の大名が入城しました。

明治に入り廃城が決まり
民間に全てのものが払い下げられ、城跡は荒れ果てました。
大正に入り宗教法人「大本」が城跡を入手、石垣が修復整備される。
昭和11年「大本」に対する政府による弾圧で、石垣等は破壊される。
昭和21年「大本」により、再度石垣は整備され
今見る亀山城址となっています。
kame2.jpg kame3.jpg kame1.jpg
現在宗教団体の敷地となっていますが
受付で、ご親切に光秀時代の石垣跡、
天下普請時の大名が残した刻印ある石垣など
教えていただきました。
御はらいを受け、本丸石垣を見学する事ができました。
ありがとうございました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

美濃国 河渡城跡

goudo5.jpg
河渡城は古くより風土記に名を残しています。

戦国時代1556年ごろ、井戸頼重が居城したとされ
土岐氏・斎藤氏・織田氏と主君を変え仕えました。
1579年不届きな行動で、織田信忠から成敗されたとされます。

その後安藤守就の子尚就の城となったとも言われますが
1580年に安藤守就は織田信長から、突如追放されます。
1582年本能寺の変後、安藤氏は旧領復活を図り
北方城・河渡城・本田城を襲撃するも
稲葉一鉄の反撃に滅ぼされてしまいました。

廃城は1586年天正地震のころと思われます。
goudo3.jpg goudo4.jpg goudo1.jpg
城跡の一部と思われる場所がここです。
一般住宅の為、深く撮影することは出来ませんが
この辺には、曲輪的に石垣がつまれ
2段石垣もあり、昔城があった光景が浮かびました。

江戸時代は中山道河渡宿があり
城を挟んで南に河渡の渡し、北に小紅の渡しがあり
古来より交通の要所でした。
goudo2.jpg
現在遺跡等は確認されていません。
よって城址碑もありません。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

美濃国 岐阜城跡

gifu8.jpg
現在の旧岐阜城下風景(展望台からの眺めが最高です)
gifu7.jpg gifu3.jpg gifu2.jpg gifu1.jpg
信長公居館跡発掘風景(地道な作業が行われています)
gifu10.jpg gifu13.jpg gifu12.jpg gifu11.jpg
岐阜城石垣跡(山上の石垣は一部残されています)

岐阜城は関ヶ原戦い前哨戦で落城し廃城になりました。
最後の城主、織田秀信は岐阜中納言と呼ばれていました。

私、権中納言が久しぶりに金華山(岐阜城)に登ってきました。
軽やかに登れたのですが、下りはひざに負担が掛り
痛さを大我慢しながら下山しました。
年には勝てない事を思い知らされました。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

三河国 二連木城跡


1493年田原城主戸田宗光が築城し、二連木城に移る。
田原城は嫡男の憲光に譲り、渥美郡北部の
敵対勢力の制圧を図る拠点となりました。

1590年徳川家康の関東への国替により
二連木城主戸田康長は、家康より松平姓を受け
松平康長となり、戸田宗家を受け継ぎ
この地を離れることとなりました。
替わって東三河に入った池田輝政は、吉田城を拠点とした為
近くだった二連木城は廃城となりました。
nirengi1.jpg nirengi2.jpg nirengi6.jpg
nirengi5.jpg nirengi4.jpg nirengi7.jpg
二連木城は朝倉川を北側に望む段丘端にあり
本丸、北側に蔵屋敷、東に二の丸、二の丸の回りに東曲輪・南曲輪があり
それぞれ土塁と堀で隔てられていました。

現在本丸跡は大口公園となっていて
土塁や空堀跡を見る事が出来ます。
場所が分かりずらい住宅地の中にありましたが
立派な遺構が残されていました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg