FC2ブログ

美濃国 伏屋城跡


この地域の領主は尾張国でありながら、美濃国の守護土岐氏に仕えました。
1586年木曽川の氾濫により、北側に流れていた本流が、現在の南側に流れを変えた為
国境も変わり、尾張国葉栗郡から美濃国羽栗郡へ変わりました。

伏屋城は、信長が美濃攻めで秀吉に作らせた城とされていますが、その時期が不明なこともあり
あの有名な一夜城は墨俣城ではなく、この伏屋城だったかもしれません。

残された土塁は竹藪に覆われていました。
fuseya2.jpg fuseya3.jpg fuseya4.jpg
fuseya5.jpg fuseya6.jpg fuseya7.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

伏屋城いいですね~。

こんばんわ、お久ぶりの久太郎です。
少しずつですが暖かい日もあったりして冬も終わろうとしてますね。
花粉症の私はコロナもそうですがマスクが欠かせません。
二重マスクにしようかしら?(笑)といったところです。

さて、伏屋城ですね、一部ですが大きな土塁の角部が残っていてそれだけでも見応えありますよね。なんか案内板も新しくなってますね!いいですね。
私もあの有名な一夜城は墨俣城ではなく伏屋城を足掛かりとしたのではないかと推察したりしております。そうすると伏屋城と松倉城という川並みラインから伊木山と鵜沼城へという戦略ラインが出来上がり、東美濃への足掛かりができると思うからです。
なんて勝手に思って入るだけですが同感です。

また近いうちに伏屋城に行きたい、と思っております。
ありがとうございました。

Re: 伏屋城いいですね~。

久太郎さん こんにちは。

コロナ禍でもあり、また花粉症の方は、よりマスクは必需品ですね。
私も花粉症ですが、以前はマスクを付けていると風邪と思われるのが嫌で
マスクを付けていませんでしたが、今はそんな訳にはいけませんね。

墨俣には、元々斎藤家の砦があったと思うので、新しく砦を築いたとすれば
伏屋城のほうが、地理的に考えても納得できるのですが
真実はわかりませんね。

コメントありがとうございました。
                     権中納言
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg