尾張国 大野城跡

oono1.jpg
大野城は、1350年頃、三河国守護の一色範氏が知多半島に勢力をのばし
その子範光が伊勢湾を見下ろすこの地に、城を築いたのが始まりといわれます。
一色氏は将軍足利義政と対立した為、三河守護職を失い、勢力を衰退させて
大野城は尾張の守護土岐氏に奪われ、近江出身の家臣佐治宗貞が大野城主となり
以後135年間、佐治宗貞、為貞、信方、信吉、一成5代にわたって居城する。
1574年長島一向一揆で信吉が戦死、幼くして一成が家督を相続。
後に浅井三姉妹、江姫と結婚する。
小牧長久手の戦い後、豊臣秀吉より離縁させられ、大野城も剥奪される。
佐治氏改易後、織田長益が城主となりましたが
大草城を築城して移った為廃城となりました。
oono3.jpg  oono5.jpg oono6.jpg
oono7.jpg   oono4.jpg
現在主郭部には、天守風展望台と模擬城門があり、城跡風景を演出していました。
城の規模は大きく佐治水軍の拠点に相応しい城跡でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg