甲斐国 新府城跡


1573年武田信玄死去により、武田勝頼が家督を相続する。
1575年長篠・説楽原の戦いで、織田・徳川連合軍に壊滅的な敗北を喫する。
1581年2月信長の甲斐侵攻に備えて、真田昌幸に命じて新府城の築城をはじめる。
1581年12月には躑躅ケ崎館から移転する。
1582年3月3日城に火を放って退却する。
3月11日天目山にて自害、武田氏は滅亡しました。

新府城は釜無川の流れを天然要害とした平山城で、断崖上に築かれ
曲輪を機能的に配置し、堀・土塁を巡らし、馬出や出構などの
武田流築城術の粋を集めた堅固な城でしたが
府城としての力発揮せぬまま、廃城となりました。
sinpu3.jpg sinpu6.jpg sinpu7.jpg sinpu2.jpg
長い階段を登ると本丸に到着
たいへん広い曲輪で、土塁で囲まれていました。
石垣は無く、各曲輪も確認できました。

堅固な新府城であっても、求心力を失った勝頼が
戦わずして退却せねばならなかった思い
勝頼の石碑が物悲しく建っていました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、久太郎です。
今回の新府城、懐かしく拝見いたしました。

ここに来ると広大で立派な縄張りを持つ城だけに勝頼の気持ちを察すると
もの悲しい気持ちになります。
私も家業では二代目のせいか、デキる父のもとに生まれてプレッシャーを
感じる時があるのです。
勝頼の置かれた立場が痛いほどよくわかります。

・・なんて、愚痴になってしまいました、ごめんなさい!

Re: No title

久太郎さん
こんにちは
二代目社長さんですか
一国一城の主は、今も昔もなにごとも
大変な立場だと思います。
頑張って下さい。
パソコンが壊れていて
返信遅くなりました。
いつもありがとうございます。
権 中納言
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg