甲斐国 躑躅ケ崎館跡


躑躅ケ崎館は、甲斐源氏である武田氏の本拠地で
1519年武田信虎が石和館から移り築城
北側に詰城である要害山城をもち
堀と土塁で防備され、家臣の館を周囲に配していました。

武田信玄の代には甲斐一国と
信濃・駿河・西上野・遠江・三河・東美濃・飛騨に
領土を拡大支配しました。

信虎・信玄・勝頼の3代にわたって本城としましたが
1581年勝頼の代に新府城を築き移りました。

武田氏滅亡後、織田信長の家臣河尻秀隆
徳川家康の代官である平岩親吉
さらに豊臣秀吉の甥の羽柴秀勝
家臣の加藤光康らが次々と入城
曲輪や堀も拡張され、甲府城が出来るまで
甲斐国の府城館でした。
tutuzigasaki4.jpg tutuzigasaki1.jpg tutuzigasaki2.jpg
現在中曲輪跡には、風林火山の旗印
武田信玄公を祭る武田神社が建っています。
tutuzigasaki7.jpg tutuzigasaki5.jpg tutuzigasaki6.jpg  
武田信玄が住んでいた躑躅ケ崎館跡の
曲輪・堀・土塁・井戸・虎口など見ることができ
とても満足できました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人は城、人は石垣?

こんにちわ。
「躑躅」の字が書けない久太郎です。
私がまだ小学生だったころかな。本で「武田信玄は国内に城を造らなかった」、という本がほとんどでしたが、甲斐の国、城まるけ、狼煙台まるけで、うそばっかやん!と突っ込みを入れたい気分の今日この頃です。

私も躑躅ヶ崎館は2回訪城しましたが、ここに信玄や信繁、信廉たちが住んでいた、と思うと武田の聖地だな、という感じで身が引き締まりました。

ところで、要害山城なんかは登られたのでしょうか?
帰りは足がパンパンになりましたが(笑)。

Re: 人は城、人は石垣?

久太郎さん

こんにちは
いつもありがとうございます。

躑躅ヶ崎館は武田氏の聖地ですよね
一度は行っておくべき城跡と思い、遠出しました。
日帰りなので時間的に、山城の要害山城は登城できませんでした。
それに、自分の趣味に付き合わせている妻にも悪いので
軽めの登城です。

これからも宜しくお願いします。

権中納言
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg