FC2ブログ

三河国 刈谷城跡(刈屋城)

kariya3.jpg
刈屋城は1533年水野忠政が築城
娘の於大(徳川家康の生母)を岡崎の松平広忠に嫁がせ
松平氏と関係を深くし、今川氏に組していました。
忠政が亡くなり、水野家宗家の跡を継いだ水野信元は、織田家につき
松平氏を引き込もうとするも、広忠は於大と離縁しこれを拒否しました。
1560年桶狭間の戦いで今川義元が戦死すると
信元は織田信長と松平元康(家康)の仲介役をし、清州同盟が結ばれました。
1575年信長の武将佐久間信盛の讒言により
信元は武田方との内通を疑われ、信長の命を受けた家康によって
三河大樹寺にて謀殺されます。
水野領は佐久間領となるが、1580年佐久間信盛が失脚すると
信元の弟水野忠重に刈屋城が与えられます。
それは信元が無実だったからと言われています。
1600年忠重の子水野勝成が、初代刈屋藩主となり
その後譜代大名が藩主を務め、廃藩置県をむかえました。
kariya1.jpg kariya2.jpg kariya7.jpg
kariya4.jpg kariya5.jpg kariya6.jpg
現在本丸跡に土塁など、遺構が残っていますが
全体的に歴史観はなく、水堀が城の面影として主張していました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

水野信元に光を

いつも楽しみ拝見しております。

またもニアミスの刈谷城ですね(笑)。
私もこの4月に見学に行ってきたところです。
本證寺はさすがに奥方に気を遣って行けませんでしたが‥。

権中納言さんの記事を読んで・・。

私、水野信元ってもっと脚光浴びてもいい重要人物だと思いましたね。
清州同盟の仲介役だなんてキーパーソンですよね。
水野一族に目を向けたいと思いましたよ。

Re: 水野信元に光を


久太郎さん
いつもありがとうございます。

どこかまた
同じ場所のブログで会えることも
楽しみにしています。

権中納言
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg