FC2ブログ

三河国 長篠城跡


長篠城は1508年菅沼元就が築城する。
長篠の菅沼氏は奥三河の豪族で、田峯の菅沼氏、作手の奥平氏とともに
「山家三方衆」とよばれた有力勢力でした。
はじめは今川氏に属していたが、1560年今川義元が桶狭間の戦いで倒れると
三河の国主となった徳川家康に従いました。
1571年甲斐の武田信玄が三河に侵攻してきた時
菅沼氏は攻められて降参し、武田氏に属することになりました。
1573年信玄が死去すると、すかさず徳川家康は長篠城を奪還します。
1575年奥平貞昌が城主になった時
武田勝頼率いる武田軍に包囲されますが、長篠城を死守
救援にきた織田徳川連合軍は、設楽原において武田軍を打ち破りました。
奥平貞昌はこの功績により信長から一字もらい信昌と改名し
1576年新城に新城城を築き、長篠城は廃城となりました。
同年に家康の長女亀姫が腰入れをしました。

長篠城は宇蓮川と寒狭川の合流点の断崖上にあり
本丸、帯曲輪、野牛曲輪、弾正曲輪、土塁、堀などが
今に残されています。
nagasino5.jpg nagasino6.jpg nagasino7.jpg
nagasino3.jpg nagasino4.jpg nagasino1.jpg 
戦国末期の城郭の姿や設楽原の戦いへと続く歴史
地理地形など一度訪ねたかった長篠を探索できて
とても良かったです。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg