美濃国 美濃郡代 笠松陣屋跡

kasamatu2.jpg 
美濃国は1600年関ヶ原の戦い後
戦後処理を目的に大久保石見守長安が美濃国奉行となり検知を行い
10万石未満の多数の藩と幕府直轄領に細分化されます
1613年岡田将監善同、1631年岡田将監善政が美濃国奉行となる
1660年名取半左衛門長知が4代目美濃代官になり
1662年徳野陣屋からここ笠松村に陣屋を移しました
郡代のもとには郡代役所と堤方役所が置かれ
直轄領の支配管理と治水土木工事の指揮監督を行いました
直轄地10万石以上を管理する代官を郡代といい
全国に4か所(関東・美濃・西国・飛騨)ありました
1868年明治新政府に接収され終焉を迎えました
kasamatu3.jpg kasamatu1.jpg
残されているものは何もありません
笠松陣屋が置かれ木曽川水運の要港として
発展して行った笠松を探索すると
過ぎて行った歴史を見る事ができました
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 


スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg