美濃国 大森城跡


大森城は土岐三河守悪五郎(久々利城主)の家臣
奥村元信の子元広が築城する
1565年織田信長が美濃を制すると、金山城主森可成の家臣になるも
1582年本能寺で信長が討たれると、金山城主森長可に反旗を企てたが
長可の家臣、各務勘解由ら300の金山勢と伴藤右衛門ら200余人に攻められ落城
元広は加賀の前田家に縁を頼ったと云われます
oomori1.jpg oomori4.jpg oomori3.jpg
 
大森神社の裏手から登城するのですが、草深くくもの巣が行く手をはばみ
どこから登ればよいかわかりません
小さな山ですが登り口でいくどとなく足踏みをさせられ
いざ出陣でかけ登りました
曲輪が4つ、空堀、土塁を確認できましたが
手つかずなのでたのしく探索できましたがかなりたいへんでした
在地土豪の城としては、想像以上に技巧的で大きな城だと感じました

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【美濃国 大森城跡】

大森城は土岐三河守悪五郎(久々利城主)の家臣奥村元信の子元広が築城する1565年織田信長が美濃を制する

コメントの投稿

非公開コメント

飯蓋城

当地にも飯蓋城跡のかなり古い石碑があります。

Re: 飯蓋城

こんにちは

かなり古い城跡のようですね

近くでしたらぜひ探索したいですね

これからも宜しくお願いします
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg