FC2ブログ

美濃国 津屋城跡


津屋城は、関ヶ原合戦まで高木八郎左衛門正家が居城していたが
1600年関ヶ原合戦の時、石田三成方に従った為没落し廃城となりました。
城は西高東低の傾斜地にあり主郭(一の曲輪・二の曲輪)南西北の三方は空堀
東側は水堀で、その東側に三の曲輪、外堀となっていました。
現在は、1603年に当時の領主徳永法印寿昌(高須城主)の許しを得て
移された本慶寺となっています。
城門も移設され、寺の山門となっています。
説明板より抜粋
tuya2.jpg tuya5.jpg tuya4.jpg 
寺周辺は住宅地となっており、残念ながら全体像は見えませんでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



氏家直元(卜全)


氏家直元は美濃牛屋城主(大垣城主)で西美濃三人衆のひとり。
出家して貫心斎卜全と名乗りました。
美濃国守護土岐頼芸の配下でしたが、斎藤道三により頼芸が追放された後は
道三、義龍、龍興と3代に仕えました。
1567年織田信長の稲葉山城攻めに内応し、信長に麾下しました。
1569年北畠具教が籠城する大河内城攻め、1570年姉川の戦いなどで武功をあげました。
1571年伊勢一向一揆に出陣し、全軍退却する際に殿を務め
美濃国石津郡太田村で討死にしました。
uziie2.jpg uziie3.jpg uziie4.jpg
海津市南濃町安江にある供養塔「卜全塚」
探しづらい所にあり見つけだすことができ、楽しい史跡巡りができました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg