FC2ブログ

豊後国 日出城跡

 hizi10.png
1600年関ヶ原の戦い後、豊後日出に木下延俊が3万石で入国。
1601年築城に着手。義兄である中津藩主の細川忠興が縄張を行い
忠興の家臣で穴太理衛門が石垣普請を担当するなど細川家から
人的、費用的に多大な援助を受け翌年日出城は完成しました。
本丸は別府湾を望む高台に位置し、三重天守や5基の二重櫓などが築かれ
3万石の大名には似合わないほど実戦的で堅固な城が築かれました。
以降国替えもなく、木下家16代の居城とし、藩庁として明治を迎えました。
hizi8.png hizi9.png hizi11.png hizi13.png
hizi14.png hizi8.png hizi7.png hizi6.png
hizi5.png hizi2.png hizi3.png hizi4.png
始めに迫力ある石垣に感激。美しい。
武家屋敷風景も、当時の面影を偲ぶことができとても良い雰囲気です。
現在本丸跡は小学校として使われている為
天守台には立てませんでしたが
本丸望海櫓跡からは別府湾を一望でき最高の景色でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 





スポンサーサイト



豊後国 杵築城


1393年大友氏の一族木付頼直が築いた城が杵築城のはじまりです。
豊臣政権下では前田玄以、杉原長房、早川長敏が入城
城を改修し城下町の基盤を築きました。
東側は守江湾を望み、南北を高山川と八坂川にはさまれた絶壁の台地に築かれ
台山の台地は空堀で4つの曲輪に区切りされました。
本丸に築かれた天守は1608年に落雷により焼失。
以降再建されることはありませんでした。
1632年小笠原忠知が4万石で入城し、木付藩が成立。
1645年松平英親が3万2千石で入城、松平氏10代で明治をむかえました。
1712年木付は杵築へと改まり、城の名も杵築城となりました。
kituki2.png kituki1.png
現在模擬天守が建てられ、資料館となっています。
kituki6.png kituki7.png kituki5.png kituki4.png
今に残る武家屋敷風景 この風景を見ることができ大満足
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 



豊前国 中津城   


豊臣秀吉の命令により九州を平定し、豊前16万石を拝領した黒田孝高(官兵衛)が
1588年周防灘に近い中津川河口付近に中津城を築き始めましたが、
土豪である宇都宮一族の反乱、大陸出兵、秀吉の死などにより築城は順調に進みませんでした。
孝高の嫡男である黒田長政は1600年関ヶ原の戦功により、筑前福岡52万石に移封。
代わって細川忠興が入城し、本格的な築城を行いました。
三の丸を造り、北門と西門周辺に武家屋敷を配置し、町割りを定めて
外郭工事を行い、6ケ所の出入り口を設けて城下を囲む総構えとしました。
城内には22基の櫓が築かれましたが天守は築かれませんでした。
1632年に小笠原長次、1717年に奥平昌成が入城し明治をむかえました。

現在模擬五重天守が奥平家資料館として建てられています。

からあげの聖地ということで、醤油ベースにニンニクなどで味付けされた
揚げたての中津からあげを頂きました。美味しかったです。
nakatu1.png nakatu3.png nakatu7.png
nakatu5.png nakatu4.png nakatu6.png
ブログ訪問ありがとうございます。
しばらく更新をしておりませんでしたが、
再開しましたので宜しくお願い致します。
権中納言
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg