FC2ブログ

志摩国 鳥羽城跡

toba1.jpg
鳥羽城は九鬼水軍を率いた九鬼嘉隆が築城しました。

九鬼氏は元々志摩の国人領主であったが
対立する他の領主に攻められ、城を捨て逃れました。
九鬼嘉隆は滝川一益を介して、織田信長に仕えるようになり
水軍を率いて数々の戦功を挙げ、信長の助力を得て志摩を平定
信長より伊勢・志摩国に3万5000石を与えられました。
本能寺の変の後、豊臣秀吉に仕え、1594年橘氏の居館跡に鳥羽城を築城しました。

標高40mの小山を中心に築いた鳥羽城は
周囲を海に囲まれ、陸地側には堀を巡らした為
島のような海城でした。
本丸には三重天守が建てられ
大手門は海側あり、水門となっていました。

関ヶ原の戦いでは親子が東西に分かれて戦い、敗北となった
西軍に属した九鬼嘉隆は、城主守隆(嘉隆の子)による父助命嘆願が叶うも
情報遅きにて切腹しました。
東軍に属した守隆は、鳥羽藩初代藩主となりました。
その後、内藤氏3代、土井氏、松平氏(大給)、板倉氏、松平氏(戸田)とめまぐるしく
城主が変わり、1725年稲垣氏が入り、その後8代続き明治を迎えました。
toba2.jpg toba3.jpg toba4.jpg
toba5.jpg toba6.jpg toba8.jpg
toba7.jpg toba9.jpg toba10.jpg
石垣の一部は当時のまま、変わらずに残っています。
本丸からの眺めは最高です。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg