甲斐国 躑躅ケ崎館跡


躑躅ケ崎館は、甲斐源氏である武田氏の本拠地で
1519年武田信虎が石和館から移り築城
北側に詰城である要害山城をもち
堀と土塁で防備され、家臣の館を周囲に配していました。

武田信玄の代には甲斐一国と
信濃・駿河・西上野・遠江・三河・東美濃・飛騨に
領土を拡大支配しました。

信虎・信玄・勝頼の3代にわたって本城としましたが
1581年勝頼の代に新府城を築き移りました。

武田氏滅亡後、織田信長の家臣河尻秀隆
徳川家康の代官である平岩親吉
さらに豊臣秀吉の甥の羽柴秀勝
家臣の加藤光康らが次々と入城
曲輪や堀も拡張され、甲府城が出来るまで
甲斐国の府城館でした。
tutuzigasaki4.jpg tutuzigasaki1.jpg tutuzigasaki2.jpg
現在中曲輪跡には、風林火山の旗印
武田信玄公を祭る武田神社が建っています。
tutuzigasaki7.jpg tutuzigasaki5.jpg tutuzigasaki6.jpg  
武田信玄が住んでいた躑躅ケ崎館跡の
曲輪・堀・土塁・井戸・虎口など見ることができ
とても満足できました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 




スポンサーサイト

甲斐国 甲府城跡


1582年武田氏滅亡後、甲斐国は織田信長の領国となるが
本能寺の変後は、徳川家康の支配下になりました。
豊臣秀吉が天下統一すると、1590年家康は関東へ国替えさせられ
甲斐国は秀吉の甥で羽柴秀勝に与えられました。
甲府城は、徳川氏への睨みの城として
1591年から加藤光泰、1593年から浅野長政・幸長父子が城主となり
完成しました。
1600年関ヶ原の戦い後は徳川家の城となり
将軍家一門が城主となりました。
1704年甲府藩主徳川綱豊が、第5代将軍徳川綱吉の養子となった為
将軍綱吉から信頼が厚かった柳沢吉保が城主となりました。
1724年柳沢氏が大和郡山に転封されると
甲斐国は幕末まで甲府勤番の支配による、幕府直轄地となりました。

甲府城は一条小山に築かれた平山城で
天守台には4重5階の巨大天守が建てられたようです。
それらを取り巻くように一段ずつ下がった曲輪には
櫓・門などが配され、堀で囲われた堅固な城でした。
徳川の時代には天守はなかったようです。
koufu5.jpg koufu2.jpg koufu4.jpg
koufu3.jpg koufu9.jpg koufu10.jpg
koufu8.jpg koufu7.jpg koufu6.jpg
現在県庁や駅に一部変貌しているものの
残されているものは、最大限に昔の様相がうかがえられ
石垣で覆われた巨大軍艦のようで、実に見事な城跡でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg