近江国 安土城跡


安土城は織田信長が天正四年(1576年)築城に着手        黒金門跡
天主は五層六階地下一階で五階は八角形の夢殿
最上階は望楼で金色
内部は狩野永徳の豪壮な障壁画や装飾を配し
世界に類の無い木造高層建築でした。
天正七年(1579年)天主ほぼ完成にて信長が移り住む
天正九年(1581年)完成しました。
天正十年(1582年)6月2日本能寺の変で信長自刃
その直後6月15日安土城も落城しました。
azuti1.jpg azuti6.jpg azuti8.jpg
    城祉碑         二の丸石垣     
azuti12.jpg azuti13.jpg azuti17.jpg
                  本丸跡
azuti11.jpg azuti9.jpg azuti10.jpg
   天主入口        天主礎石       天主台からの眺め
azuti15.jpg azuti16.jpg azuti2.jpg
    大手道         秀吉邸跡       大手道入口
azuti4.jpg azuti3.jpg azuti5.jpg
    三重塔          二王門      旧摠見寺からの眺め
小学生の時、信長の安土城のことを教わり
今はどうなっているのかと、興味を持った事を思い出します。
私にとって憧れの城跡かな

40年前、初登城した時は入場料もいらなく
本丸跡には、木など茂ってなかったような気がする。
大手道などは綺麗に整備され、観光客でいっぱいでした。
久しぶりの登城で間違った記憶も修正でき
安土を一日中探索でき楽しかったです。
ほんとうはひっそり佇む城跡が好きなんですが

毎々訪問していただきありがとうございます。
ブログ更新もなかなかできませんが
これからも宜しくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 




スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

美濃国 関城跡


関城は1528年長井長引が築城したと伝わっています。
1565年織田信長が犬山から堂洞城に侵攻したとき
関城には斉藤家重臣の長井道利が城主で
近隣の堂洞城主岸信周、加治田城主佐藤忠能と
共同戦線を張っていたが、佐藤忠能が信長に内応した為
堂洞城は落城し、長井道利は関城から退却を余儀なくされる。
その後信長はこの刀鍛冶の町を直轄支配し
廃城となりました。

安桜山(標高150m)の山頂には南北10m東西30mの主郭
南斜面は急峻な岩壁、東西に延びる尾根に2つの曲輪
主郭の北側に複数の曲輪・竪掘を確認する事が出来ます。
seki2.jpg seki5.jpg seki7.jpg
seki3.jpg seki4.jpg seki6.jpg
城祉碑もない為、登城感はまったくなく
ただただクマンバチだけが出迎えてくれました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg