伊勢国 亀山城跡

kameyama2.jpg
伊勢国亀山城は、1265年関実忠によって築城され
神戸・国府・鹿伏兎・峯・亀山の各城を居城とする
関五家の宗家の居城でした。
1567年織田信長の伊勢進行以降たびたび戦場となる
1583年関一政は、蒲生氏郷の配下となり各地を転戦
1590年陸奥国白河へ転封、岡本宗憲が入城すると
本丸・二の丸・三の丸からなる近世城郭へ、天守もあげられた。
1600年関ヶ原戦い後、関一政亀山城主に復帰
1610年伯耆国黒坂へ、その後は松平氏・三宅氏・本多氏
石川氏・板倉氏などが入城する。

1632年三宅康盛が城主のとき
丹波国亀山城の天守を解体するよう幕府から命じられた
松江城主堀尾吉晴が、間違えて伊勢国亀山城天守を解体
間違いが判明するも、天守再築は許可されなかった。
1636年本多俊次が入城、天守台に今に残る多門櫓
本丸北に天守代用とする三層櫓が築かれ
西出丸・東三の丸・西の丸外堀が整備され
大改修された。
kameyama1.jpg kameyama7.jpg kameyama6.jpg

kameyama4.jpg kameyama5.jpg kameyama3.jpg
城は地形を上手く利用して造られています。
本丸・二の丸・西出丸の中心部分は、丘陵の高い位置に配され
周囲は急な崖で、これらを囲むように武家屋敷が配置され
東海道を城下町にうまく引き入れ、亀山宿が形成されているなど
江戸時代の城下町の面影が、色濃く残されていて
たいへん楽しい登城が出来ました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

美濃国 高桑城跡

takakuwa1.jpg
高桑城主高桑氏は、鎌倉時代朝廷側の人物として活躍
室町時代に入ると、美濃守護土岐氏に仕え
1518年土岐頼武と頼芸の家督争いでは、頼武と行動を供にする。
1527年斉藤道三に内通していた、留守居役の武山氏が城を占領する。
1530年道三が、実質美濃国の支配者となると
正式に武山氏の居城となる。
1567年織田信忠に攻められ、落城廃城となりました。

土塁跡かな        城内の痕跡なし
takakuwa9.jpg takakuwa10.jpg takakuwa11.jpg
慈恩寺の風景 観音堂の石垣わからず
takakuwa3.jpg takakuwa2.jpg
武山氏無念塔(織田信忠に攻められ落城自刃)
takakuwa7.jpg takakuwa6.jpg
高桑八幡神社      戦国時代の木曽川本流(現在の境川風景)
takakuwa8.jpg takakuwa5.jpg takakuwa12.jpg
陽射熱い中、高桑郷を探索しました。
この城も残されているものが少ないので
想像を膨らませながら
探索を楽しみました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg