臥龍山 行基寺 (美濃国高須藩松平家菩提寺隠れ城)

gyoukizi20.jpg
行基寺は天平の初め頃(1300年前)行基菩薩が美濃、尾張、伊勢、三国の守護霊場山として
この地に七堂伽藍善美を尽くした菩提寺を建立したのが始まりです
元禄年間(300年前)尾張藩二代藩主徳川光友公の次男である松平義行公(徳川家康公の曾孫)が
美濃高須藩の藩主として封ぜられるにあたり当山を松平家の菩提寺として境内および全伽藍を
城郭に見立てて改築し宝永二年(1705年)に完成させました
 gyoukizi2.jpg gyoukizi3.jpg gyoukizi4.jpg 
gyoukizi5.jpg gyoukizi6.jpg gyoukizi7.jpg gyoukizi9.jpg 
gyoukizi8.jpg gyoukizi10.jpg gyoukizi11.jpg gyoukizi12.jpg 
回廊式大庭園で書院西側には自然の岩肌を見事にまでいかした枯れ山水の庭園があり
苔庭の奥には岩肌を伝わって落ちる滝水があります
東側には南北に広がる雄大な濃尾山河を借景にした眺望の庭園があり
百八個よりなる飛び石が周りを取り囲んでいます
gyoukizi15.jpg gyoukizi16.jpg gyoukizi18.jpg gyoukizi27.jpg
gyoukizi19.jpg gyoukizi20.jpg gyoukizi22.jpg gyoukizi25.jpg
gyoukizi21.jpg gyoukizi23.jpg gyoukizi24.jpg gyoukizi26.jpg
各書院からは濃尾平野はもとより南は知多半島から北は日本アルプス連峰を
眺めることができます
gyoukizi30.jpg gyoukizi31.jpg gyoukizi33.jpg gyoukizi28.jpg
gyoukizi32.jpg gyoukizi34.jpg gyoukizi38.jpg gyoukizi39.jpg
格式ある書院で抹茶を頂きながら素晴らしい眺望と庭園、見事な石垣に感激しました

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

美濃国 駒野城跡

komano5.jpg
駒野城は西暦年間(990~994)に瀬戸道明寺が築城したと伝えられ
文治年間(1185~1189)には美濃国守土岐氏が守将を置きます
承久年間(1219~1221)伊藤裕朝が守将となり12代続き天文16年(1547)伊藤家滅亡する
その後高木彦左衛門が居城 斉藤道三・織田信長に仕え
1584年小牧長久手の戦いの際は織田信雄方についた高木貞利とその一族は
豊臣秀吉方の筒井順慶らと戦って退却させたが秀吉の天下となった為
高木氏は開城し一族は離散しました
1600年関ヶ原の戦い時西軍が大垣城の支城として改修しますが戦後廃城となる
江戸時代高須藩松平氏の所領となり主郭下に駒野館が建てられました
komano3.jpg komano2.jpg komano4.jpg
駒野城は標高30m程の城山の頂上に主郭があり
北東側に津屋川・揖斐川が流れ西側は養老山脈
天然の要害地に建つ中世山城です
主郭部分は40m四方で三方向を高い土塁に囲まれています
現在海津市立城山小学校の敷地内に残されています
komano1.jpg komano6.jpg komano7.jpg
主郭下東側に高須藩松平家の駒野館石垣を見る事ができます
komano9.jpg
komano8.jpg komano10.jpg komano11.jpg
とてもよい雰囲気で満足しました
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg