関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い決戦地
sekigahara2.jpg
豊臣秀吉亡き後
1600年美濃国不破郡関ヶ原で
徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が
日本を二つに分け戦いました

自らの時代を開こうとした家康
豊臣家への義を重んじた三成
各諸将の思惑が入り混じり
勝負が決まりました

徳川家康決戦地最後の陣跡
sekigahara1.jpg
石田三成の笠尾山陣跡
sekigahara5.jpg 

石田三成の笠尾山からは関ヶ原を一望でき
南宮山の毛利隊松尾山の小早川隊
動かぬ兵に三成はさぞかし歯軋りをしたでしょう
この陣形だけみると西軍の勝ちなのだが
しかし勝負は器のおおきさできまったのかな

sekigahara8.jpg sekigahara6.jpg sekigahara7.jpg

武将の陣跡をめぐるウォーキングイベントも盛んに行われています
歴女と呼ばれるかたもかなり見えます
楽しい一日になるかもしれません

ここで戦った多くの武将達の思いが伝わってくるので
自分はやっぱり石垣散策のほうが少し気が楽かな
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

金森長近


1524年美濃国多治見に生まれる
父大畑定近は守護土岐家の後継者争いで
土岐頼武を支持し土岐頼芸に敗れ失脚
一族をつれて美濃国を離れ、近江国野洲郡金森へ移住
可近が18才になると尾張国の織田信秀・信長に仕えた
信長より一字を賜り金森長近と名乗った
1575年越前一向一揆攻めでの軍功により越前国大野郡を賜り
大野城を居城にしました
1582年本能寺の変で嫡男金森長則は織田信忠と共に討死
その為長屋景重の子可重を養子にとった
1583年賤ヶ岳の戦いで勝家が秀吉に敗れた為
剃髪して降状し秀吉の家臣となる
飛騨国の姉小路頼綱討伐などの軍功で
1585年秀吉から飛騨一国を与えられる
1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属し、軍功により美濃国上有知1.8万石加増される
飛騨高山藩・美濃上有知藩の初代藩主となる

茶の道にも通じ
信長・秀吉・家康に仕え戦国の世を生き抜き
1608年京都にて死去84才
金森長近の城 越前大野城・飛騨高山城・美濃小倉城
城跡や城下を散策すると桃山文化のかおりがしてきます
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg