美濃国 菩提山城跡

菩提山城は土豪岩手氏の居城でしたが
1558年頃竹中半兵衛の父重本が岩手氏を滅ぼし
菩提山城を改築しました
竹中半兵衛重冶が1579年三木合戦の陣中で没すると
嫡男重門は菩提山城を下り麓の岩手に館を構えました
 bodaiyama9.jpg bodaiyama1.jpg
 

bodaiyama2.jpg bodaiyama3.jpg bodaiyama6.jpg 
  
菩提山城は標高401mの山頂にあり
東西150m南北300mで山頂は広く
7つの曲輪、堀切、土塁、竪堀など
戦国時代後半の山城の様子が確認できます
 
山頂にある縄張り図  山頂から麓を写す  麓陣屋から菩提山城を写す
bodaiyama4.jpg bodaiyama5.jpg bodaiyama8.jpg
軍師竹中半兵衛の城
この真夏に1時間かけて登城してきました
巧みに配置されている虎口等
見ることができとても良かったです

ふくらはぎが少し痛いです
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

美濃国 岩村城跡

iwamura15.jpg
岩村城は源頼朝の重臣加藤景廉が1185年に遠山荘を賜ったのに始まります
景廉の長男景朝は遠山氏を名乗り依頼遠山氏が代々居城し東美濃を勢力下としました
1573年に武田信玄の家臣秋山虎繁が岩村城を奮取して入城
1575年長篠の合戦で武田軍が大敗すると信長は嫡男信忠を総大将として城を囲み
半年に及ぶ籠城の末落城させる
その後河尻秀隆が城主となり小牧長久手の合戦後は金山城主森忠政の属城となる
関ヶ原の合戦前に田丸直昌が4万石で入城するが西軍に属した為改易
1601年大給松平本家松平家乗が2万石で入城
1638年に丹羽氏信が入り5代
1702年大給分家松平乗紀が入り7代目乗命で明治維新となりました
iwamura2.jpg iwamura3.jpg iwamura4.jpg
 本丸跡です
iwamura5.jpg iwamura6.jpg
 
城郭は標高717mの山上に本丸、二の丸、東曲輪、出丸、八幡曲輪と大小の曲輪があります
本丸の6段の石垣などとても美しく心ゆさぶられます
今回の登城では大手門を特に探索しました
大手門は桝形門で全面の空堀に畳橋と呼ばれる橋がかけられ門脇には三重櫓があって
城下から見上げた時この三重櫓が立ち誇り天守の役割をはたしていたといいます
近世城郭としてこの三重櫓や本丸の二重枡形虎口が出来上がるのは松平家乗時代の整備によるものである

今は櫓はありませんが木々の中に石垣だけが残るこの空間が一番好きです

iwamura13.jpg

畳橋への登り口石積は傾斜していて橋への道が確認できます
iwamura11.jpg iwamura12.jpg iwamura10.jpg
一ノ門、土岐門、大手門と登城していきます
麓には江戸時代の太鼓櫓が復元されています
iwamura9.jpg iwamura14.jpg iwamura8.jpg
山城の険しい石垣や空堀をみてその醍醐味を楽しむことができました
とても良かったです
岩村城下で有名なカステラを買って帰りました
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg