美濃国 軽海西城跡

karumi1.jpg
築城の時代は明らかではありませんが
中世稲葉氏が数代居城し
1560年池田恒興の家臣 片桐半右衛門が修築し居城する
1589年一柳直末が大垣城より軽海西城に移り六万石を領しこの地を支配しました
直末は豊臣秀吉に従い小田原合戦に加わって伊豆山中で戦死
城は廃城となりました
尚、加留美郷近辺には軽海東城もあった
karumi2.jpg

karumi5.jpg karumi3.jpg karumi4.jpg
遺構を探し、歩き回りました(健康も兼ねて)
城址碑の南側西側は竹藪と高い木々に覆われていて
かつては土塁で囲われていたことが伺われます
廃城した平城は宅地開発等で中々わかりづらいですが
とても楽しかったです
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

飛騨国 桜洞城跡

sakurabora1.jpg sakurabora2.jpg sakurabora3.jpg 
sakurabora4.jpg sakurabora5.jpg sakurabora6.jpg
三木氏は1411年応永飛騨の乱で姉小路尹綱を鎮圧した功により
京極高員が足利幕府より飛騨国竹原郷を得ると
三木正頼が、京極氏の代官として竹原郷に入ったのが始まりであります
4代目三木直頼は勢力を拡大し永正年間(1504~1521)桜洞城を築城しました
6代目三木自綱の代に全盛を極め夏は松倉城、冬は雪の少ない桜洞城に居城するようになります
その後 北飛騨の江馬氏に勝ち、飛騨の大半を支配しましたが
本能寺の変後羽柴秀吉と対立し秀吉方の金森長近に滅ぼされました

桜洞城は西に飛騨川、北に桜谷川が合流する扇状地先端高台に築かれました
全体としては田畑になっていましたが、一部土塁・空堀・石積の遺構が確認できます
実は前回萩原諏訪城跡登城の際、桜洞城跡を探したのですが見つけれず
今回資料片手に探索してきました
場所が分からなかった分、より探索が楽しかったです

戦国大名三木氏の菩提寺
禅昌寺です
とても美しいところです
sakurabora7.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg