美濃国 小里城跡

【小里城山城跡】
 
◆1534年 小里光忠が築城 以後小里氏の居城となる
◆1572年 甲斐の武田勢の美濃侵攻の際、織田勢として上村合戦にて光忠戦死
      ⇒光明が家督を継ぐ
◆1573年 武田勢によって東美濃の要、岩村城が攻略される
◆1574年 明智城も攻略される

織田信長は岩村城を奪回せんと、東美濃の高野城(鶴ケ城)に河尻秀隆を、
小里城に池田恒興を配し、この小里城を大規模に改築しようとしました

◆1575年 長篠の戦いで織田方が勝利
       織田信忠を大将とする織田勢は岩村城を奪回
       小里城の改築も途中で中止となる
ori2.jpg ori3.jpg ori4.jpg
本丸曲輪には不等辺多角形の天守台石垣があり
腰曲輪には数多くの巨石が転がっています
なんとなく積まれていない石は寂しそうでした
ori11.jpg ori5.jpg ori6.jpg
小里光明は、本能寺の変の後に美濃国主となった織田信孝に仕えました。
(その信孝は後に羽柴秀吉と不和になり自害に追い込まれます)
秀吉方である森長可に従わなかった為、光明も小里城を落とされます。
その後光明は小里城を離れ、和田姓を名乗って徳川家康に仕えました。
1600年関ヶ原の戦いの功により、光明の子である光親は再び旧領を与えられ、
この小里城麓に陣屋を構えました。
光親の子光重は嫡子がないまま亡くなった為、小里氏は断絶小里城も廃城となりました。

【御殿場跡】
主になる三段の曲輪や大手門跡井戸跡石垣など近世初頭の陣屋を確認できます。
大手門跡です。
ori7.jpg

ori8.jpg ori10.jpg ori9.jpg
登城口の石垣を見た時、心の高まりを覚えました。
30分で山城跡につきますが
麓からまむし注意の看板が多く
夏の登城は勇気がいるかもしれません。(へびが大の苦手)
残された石垣に癒され、たのしい一日をすごしました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 


スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

美濃国 手力雄神社


本年の勝運を祈願してきました

手力雄神社
1567年織田信長は稲葉山城の斎藤龍興攻めの
戦勝祈願をこの神社で行い
戦勝後は広大な社領を寄進しました

今では勝運・開運の神として
多くの参拝者で賑わっています
tezikarao3.jpg tezikarao4.jpg tezikarao2.jpg
 
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 


テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

迎春

あけまして
  おめでとうございます

    本年も残された石垣に心を癒やされたいと思います
    皆様どうぞよろしくお願い申し上げます
    
            権中納言
    
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg