美濃国 北方城跡   安藤守就

kitagata2.jpg
北方城は、美濃守護 土岐頼遠の四男頼興が築いた
その後、西美濃三人衆のひとり安藤伊賀守守就が居城
斎藤氏滅亡後、織田信長に仕えた
1580年嫡子で河渡城主 尚就が、甲斐武田氏と内通したという嫌疑で
信長の勘気を受け領地没収、守就は蟄居した
信長が本能寺で討たれると、守就は一族旧臣を集めて旧地に復帰したが
稲葉一鉄に攻められ落城。
現在城祉碑があるのみで何も残っていません。
kitagata1.jpg
北方陣屋跡
江戸時代1668年、この地を初代戸田光賢が分地を受け七代光遠が
1869年版籍奉還するまでこの地に陣屋を置きました。
五千石の陣屋にふさわしい堂々たる風景が今なおかもしだされています。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

尾張国 小口城

oguti4.jpg
1459年織田遠江守広近が築城
尾張統一をめざす信長によって岩倉城落城(1555年)した頃にこの城も落城
1584年小牧長久手の戦いでは秀吉方の稲葉一鉄が入城する 
 oguti.jpgoguti2.jpgoguti3.jpg
 
四方に二重堀・土塁を巡らした城であったが
現在城であったとおもわれる小山が城址公園となっています
ミニ展示館もあります
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

堀尾吉晴

horio2.jpg
尾張国丹羽郡大口村の土豪 堀尾泰晴の嫡男
堀尾家は尾張国上四郡の守護代 織田信安に仕えていたが
信安が信長に滅ぼされた為、吉晴は信長に仕えそして
木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の家臣になる。
各地で武功をあげて1590年駿河国浜松十二万石の城主となる
豊臣政権では中老に任じられた
1599年家督を次男 忠氏に譲り隠居
関ヶ原の戦いでは徳川勢として忠氏が参戦
その功で出雲国・隠岐国二四万石を与えられる
忠氏が早死にしたため吉晴が国政を執った
1611年68歳病死
horio1.jpg
現在堀尾邸は八剣神社になっています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

堀 秀政       信長・秀吉二人の天下人に仕える

1553年堀秀重の嫡男として美濃国、上茜部城で生まれ
13歳で信長に仕え 16歳で足利義昭の仮御所となる本国寺の普請奉行を務める
秀政は信長の寵愛を受けた側近というだけでなく
雑賀攻め、有岡城攻め、伊賀攻めなどの戦場にも従軍し武功をたて
1578年近江坂田郡で2万5000石を賜る
本能寺の変後、秀吉軍の先鋒として山崎の戦いに参戦
その後、賤ケ岳合戦の功により佐和山城主
長久手の合戦、四国征伐の功により1585年北ノ庄城主として十八万石余を拝領
1590年小田原城攻め陣中にて病死38歳
akanabe.jpg
秀政の死後、堀家は越後春日山城へと転封となり、秀政の遺骸は越後の林泉寺へ改葬された
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg