FC2ブログ

明智光秀②

1535年養父明智光綱の死により光秀が家督するも7歳と若く
叔父の明智光安が後見人となる 。
1542年斉藤道三は美濃国守護の土岐頼芸を追放し、美濃国主となる。
道三は土岐頼芸が愛妾の深芳野を自分の側室にしましたが
深芳野は既に頼芸の子を宿していました。
その子が後の斉藤義龍です。
道三と義龍は家督を譲る際不仲となり
1556年の長良川合戦で、斎藤義龍が父斎藤道三を討ち果たしました。
明智家は土岐頼芸の子である斎藤義龍と同じ土岐氏一族ながら道三に味方しました。
それは、道三の正室小見の方が光秀の叔母に当たる為でありました。
義龍により明智城も攻撃され、光秀は一族を連れて城を脱出しました。
sagi6.jpg
稲葉山城と長良川
sagi4.jpg sagi3.jpg sagi2.jpg sagi1.jpg
道三の隠居城鷺山城跡
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 


スポンサーサイト



明智光秀① 誕生地

明智光秀は1528年8月17日、父は多羅城主山岸信周、母は明智城主
明智光綱の妹、市の方の4男として多羅城で生まれました。
tara8.jpg tara10.jpg
大垣市上石津町多良・時地区には5か所程城跡があり
多羅城はその内のどれかではないかと言われています。
西高木家陣屋跡もその内の1つです。
tara2.jpg tara3.jpg tara4.jpg
tara5.jpg tara6.jpg tara7.jpg
山岸家は「進士山岸家」もしくは役職のみで「進士家」と呼ばれ
進士とは朝廷における冠位若しくは役職などの呼称で
光秀の兄進士晴舎は将軍足利義輝に仕え、1565年永禄の変で死亡しました。

明智家は土岐頼兼が1342年明智城を築城し、明智頼兼となり分家独立する。
1355年足利尊氏から勲功により石津郡多良に領地を与えられています。
光秀誕生の173年前は明智領であり、山岸家とは重縁関係にありました。
kaniaketi1.jpg kaniaketi2.jpg kaniaketi3.jpg
明智城跡(可児市)
 kaniaketi5.jpg kaniaketi4.jpg kaniaketi6.jpg
明智光綱には子供がなく、妹の子を養子に迎え入れ光秀と名づけました。

光秀の誕生地は諸説ありますが、私は古文書が示す通りだとおもいます。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 

美濃国 土岐頼芸(第11代・第13代美濃守護)

1501年9代美濃守護土岐政房の次男として生まれる
土岐氏当主で兄の頼武と対立
1530年兄頼武を越前に追放
1536年正式に守護の座に就きました
しかし守護代として斎藤道三が権勢をほこり
1541年頼芸の弟頼満が毒殺され道三と対立するようになる
道三と越前朝倉孝景が和睦した為
1546年頼武の嫡男頼純が12代守護となる
1547年頼純が病死すると頼芸が13代守護となりました
1548年道三と尾張織田信秀が和睦した為後盾を失い
1552年道三に追放される
妹の嫁ぎ先である近江六角氏
続いて実弟の治頼がいる常陸国に
その後上総国の土岐為頼をたより
後に甲斐武田氏に見を寄せました
最後は旧臣であった稲葉一徹のはからいで
1582年美濃国長瀬岐礼の東春庵を寓居としましたが
この年82歳の生涯をとじました

文化人として多くの書画を残し特に鷹の絵を得意とし
土岐の鷹として珍重されました
hoounzi1.jpg hoounzi2.jpg
波乱万丈の生涯を終えた頼芸のお墓のある法雲寺です
奥深い山里を訪ねてさみしさが漂ってきます

人間死ぬ時はひとりなのですが人生はたのしくありたいものです
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

石田 三成

isida3.jpg
1560年近江国坂田郡石田郷の土豪石田正継の次男
羽柴秀吉が長浜城主となったころ小姓として仕える
秀吉の中国攻め以来、常に従軍し
数々の戦いで武功をあげ秀吉の側近として力をつける
豊臣政権内では特に内政面に力を発揮し太閤検知や
新たに政権に従った地方大名を指導し大きな影響力を持った
朝鮮役では後方支援体制の確立がうまくいかず
最前線の諸将とは軋轢を生じ後の失脚に繋がっていきます
1598年秀吉が没し、政権を狙う徳川家康に
豊臣家の中央集権体制を維持しようと挙兵
1600年関ヶ原の地で戦うも敗軍の将となり
京都六条川原にて斬首されました
isida5.jpg isida4.jpg isida2.jpg isida1.jpg
三成公誕生の地はのどかな自然に包まれ
三成公を敬う人々のやさしさが溢れていました
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

金森長近


1524年美濃国多治見に生まれる
父大畑定近は守護土岐家の後継者争いで
土岐頼武を支持し土岐頼芸に敗れ失脚
一族をつれて美濃国を離れ、近江国野洲郡金森へ移住
可近が18才になると尾張国の織田信秀・信長に仕えた
信長より一字を賜り金森長近と名乗った
1575年越前一向一揆攻めでの軍功により越前国大野郡を賜り
大野城を居城にしました
1582年本能寺の変で嫡男金森長則は織田信忠と共に討死
その為長屋景重の子可重を養子にとった
1583年賤ヶ岳の戦いで勝家が秀吉に敗れた為
剃髪して降状し秀吉の家臣となる
飛騨国の姉小路頼綱討伐などの軍功で
1585年秀吉から飛騨一国を与えられる
1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属し、軍功により美濃国上有知1.8万石加増される
飛騨高山藩・美濃上有知藩の初代藩主となる

茶の道にも通じ
信長・秀吉・家康に仕え戦国の世を生き抜き
1608年京都にて死去84才
金森長近の城 越前大野城・飛騨高山城・美濃小倉城
城跡や城下を散策すると桃山文化のかおりがしてきます
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg