三河国 二連木城跡


1493年田原城主戸田宗光が築城し、二連木城に移る。
田原城は嫡男の憲光に譲り、渥美郡北部の
敵対勢力の制圧を図る拠点となりました。

1590年徳川家康の関東への国替により
二連木城主戸田康長は、家康より松平姓を受け
松平康長となり、戸田宗家を受け継ぎ
この地を離れることとなりました。
替わって東三河に入った池田輝政は、吉田城を拠点とした為
近くだった二連木城は廃城となりました。
nirengi1.jpg nirengi2.jpg nirengi6.jpg
nirengi5.jpg nirengi4.jpg nirengi7.jpg
二連木城は朝倉川を北側に望む段丘端にあり
本丸、北側に蔵屋敷、東に二の丸、二の丸の回りに東曲輪・南曲輪があり
それぞれ土塁と堀で隔てられていました。

現在本丸跡は大口公園となっていて
土塁や空堀跡を見る事が出来ます。
場所が分かりずらい住宅地の中にありましたが
立派な遺構が残されていました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

三河国 田原城跡


桜門と堀(枡池)
田原城は1480年戸田宗光が築城したとされています。
その後、戸田家は戦国時代初頭、東三河を支配するも、西三河の松平氏の配下となり
さらに守護大名今川氏の支配下となった。
1547年戸田康光は、今川義元へ人質として送られる
松平竹千代(徳川家康)を強奪し、敵対する織田信秀に引き渡します。
激怒した今川義元に、田原城は攻め落とされ、康光も戦死し
その後今川氏家臣天野景貫が城代として入る。
1560年桶狭間の戦いで義元が戦死すると
徳川家康が三河一国をほぼ統一し、田原城も徳川のものとなる。
1590年家康が関東に国替になると
池田輝政が三河吉田城に入り
田原城には重臣伊木忠次が城代として入ります。
この時期に石垣・曲輪の整備がされたと考えられます。

1601年戸田家一族の戸田尊次が1万石で田原藩を立藩する。
1664年3代戸田忠昌、肥後富岡藩へ移つり、三河拳母藩三宅康勝が入る。
三宅氏12代で明治を迎えました。
tahara6.jpg tahara2.jpg tahara5.jpg
二の丸櫓        二の丸跡      本丸跡(巴江神社)
tahara1.jpg tahara4.jpg taharao.jpg
             桜門
現在堀・石垣の遺構を見る事ができます。
桜門・二の丸櫓が昭和に入り再建され
本丸には三宅氏の家祖である児島高徳を祀る
巴江神社があります。
二の丸には田原市博物館があり
幕末、田原藩の家老で、学者・画家・政治家として活躍した
渡辺崋山の壮絶な人生の証が展示してあります。
tahara3.jpg
石垣と堀(袖池)

戦国時代本丸の背後は海であったようです。
田原藩は小藩でしたが、立派な城構えでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

尾張国 沖村城跡

林秀貞は1538年織田信長が4歳で那古野城主になったとき
信長付筆頭家老となりました。
その林秀貞の居館跡が沖村城です。

1556年信長の弟、織田信勝の反乱である稲生の戦いで
柴田勝家とともに信勝に味方し、信長に負けてしまいますが
信長に許され、筆頭家老として、その後の織田家躍進に力を発揮しました。
1580年信長により24年前の謀反を理由に、突然追放されてしまいました。
大ショックを受け2ヶ月後亡くなりました。
okimura1.jpg
遺構等はありませんが、魅力ある
沖村の集落を散策でき、とてもよかったです。
okimura3.jpg okimura2.jpg okimura4.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

若狭国 国吉城跡


本丸虎口跡

国吉城は、1556年若狭国守護大名武田氏家臣
粟屋勝久が、越前との国境に近い三方郡佐柿にあった
古城跡を利用して築きました。
1563年、越前朝倉氏の軍勢が攻め寄せましたが
見事撃退し、以降毎年侵攻する朝倉勢と戦い
城を守り通しました。
1570年勝久は、織田信長の軍勢を迎え入れ
織田軍は、ここ国吉城から越前攻めに向かいました。
1573年勝久は、織田勢に加わり一乗谷に出陣
朝倉氏は滅亡しました。
1583年豊臣秀吉の家臣木村定光が城主となり
城の改修と佐柿を城下町として整備しました。

関ヶ原の戦い後、若狭一国は京極高次が領有し
1634年小浜城主となった酒井忠勝は
若狭国東部支配の拠点として佐柿奉行所を置きました。
kuniyosi5.jpg kuniyosi6.jpg kuniyosi4.jpg
本丸跡
kuniyosi8.jpg kuniyosi3.jpg kuniyosi7.jpg
帯曲輪
kuniyosi1.jpg kuniyosi9.jpg kuniyosi10.jpg
城主居館跡        町奉行所跡(歴史資料館)

国境の城として押さえて置きたい場所に
国吉城は在りました。
本丸からは、若狭湾や丹後街道を眼下に見下ろす事ができ
重要な山城だったことが分かります。
本丸は2か所の虎口があり
隅櫓台跡と言われる場所は少し高く
櫓台外周部は石垣であったようです。
発掘調査で石垣・土塁・堀切・曲輪等の遺構も確認され
見る事ができます。
麓には歴史資料館があり、国吉城や佐柿の歴史を
分かりやすく知ることが出来ました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

越前国 小丸城跡


本丸虎口付近の残された石垣は、とても雰囲気がいいです。

1575年織田信長が越前一向一揆平定後
府中三人衆の一人、佐々成政が小丸城を築城しました。
味真野の扇状台地の末端に
野々宮廃寺跡の一部を取り込み
東西300m南北450m規模の城域でした。
1581年佐々成政が越中富山城に移り廃城となりました。

本丸・二の丸・三の丸・隅櫓跡などが確認でき
堀・土塁・石垣の遺構を見る事ができます。
komaru1.jpg komaru3.jpg komaru4.jpg
komaru6.jpg komaru7.jpg komaru8.jpg
越前そばの里で、美味しいそばもいただき大満足でした。

インターネット接続が、出来なくなったパソコンも復旧しました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg