越後国 春日山城跡

kasugayama7.jpg
南北朝時代越後守護上杉氏が、越後府中館の詰城として春日山城を築城する。
1513年越後守護代長尾為景が、城を大改修し移り住みます。
1536年為景が隠居し、嫡男春景に家督を譲るも実権は握り続けました。
1545年家臣で黒滝城主黒田秀忠が謀反を起し春日山城に攻め込み、
 次男景康三男景房を殺した。
 のちに城主春景にかわり末弟の景虎が黒滝城を攻め落とし、黒田秀忠は降伏した。
1548年春景は末弟景虎(のちの謙信)に家督譲る。
1561年関東管領上杉家の名跡を継承し、長尾景虎は上杉謙信となる。
1578年謙信死後、跡継ぎをめぐって2人の養子が1年にわたって争い(御館の乱)
 1579年景勝が乱を制し春日山城主となる。
1598年豊臣政権下で景勝が会津へ国替えとなり、堀秀治が城主となる。
1607福島城築城に伴い、春日山城は廃城となりました。
春日山城
kasugayama6.jpg kasugayama8.jpg kasugayama9.jpg
kasugayama10.jpg kasugayama11.jpg kasugayama1.jpg
kasugayama2.jpg kasugayama3.jpg kasugayama4.jpg
上杉謙信の本拠地春日山城は
鉢ヶ峰山頂の本丸から山裾まで曲輪が連続しています。
曲輪に石垣はありませんが、戦国時代最大規模の山城でした。
大河ドラマ天地人にあった謙信死後の
本丸を押さえた景勝と、景虎の屋敷の位置関係など
城全体を確認でき、大満足でした。
御館
odate1.jpg odate2.jpg odate3.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

越後国 高田城跡

takada5.jpg
1598年春日山城主上杉景勝が会津に転封となり、堀秀治が入城。
その後、福島城を築城して移りました。
1610年徳川家康の六男松平忠輝が
越後高田藩七十二万の太守として福島城に入城。
1614年高田城を築城して移りました。
天下普請で築かれた高田城は、本丸の周囲に二の丸、三の丸をもつ
輪郭式の平城で、天守はなく三重櫓を天守の代用としました。
堀は土塁で築かれ、川を外堀として利用しました。
短期築城の為か、石垣は築かれませんでした。
1616年忠輝は大坂夏の陣への遅参などで、
所領を没収、改易されました。
高田藩領は分割され、高田城には譜代大名が相次ぎ入城しました。
takada1.jpg takada2.jpg takada4.jpg
takada3.jpg takada6.jpg takada7.jpg
城の規模はとても広く
石垣がないのは淋しいですが
上越の美しき城跡でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

近江国 八幡山城跡

hatimanyama8.jpg
1582年本能寺の変で安土城が燃える。
1583年清州会議にて安土城主に、信長の孫三法師と決まったが
安土城は再築されませんでした。
1585年近江を中心に43万石の領主となった豊臣秀次が、八幡山城を築城。
八幡山山頂部に本丸をもうけ、二の丸・西の丸・北の丸・出丸が配置され
安土城に残された建物・城下町などを、この地に移しました。
1590年秀次は尾張・伊勢100万石を与えられ清州城へ移り
八幡山城には京極高次が2万8000石で入城しました。
1595年秀吉の後継者を巡り、秀次は自害させられました。
秀次と関係が深かった為なのか、八幡山城は廃城となり
京極高次は大津城に移りました。
hatimanyama2.jpg hatimanyama4.jpg hatimanyama5.jpg
hatimanyama7.jpg hatimanyama6.jpg hatimanyama1.jpg
八幡山城は今も石垣が累々と残っています。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

近江国 朽木陣屋跡

kutuki4.jpg

kutuki3.jpg kutuki2.jpg kutuki1.jpg
1570年織田信長は朝倉攻めの折、浅井長政の裏切りの情報を受けて
金ケ崎より京へ脱出しました。
その際、朽木庄を支配していた朽木元綱の協力により、脱出に成功しました。

朽木庄を支配した朽木氏の城館跡
近代化にのまれ遺構が消えつつありました。
郷土資料館も閉まっていて、少し残念な登城でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

近江国 大溝城跡

oomizo1.jpg
浅井氏滅亡後織田信長より、高島郡一円を委ねられていた新圧城主磯野員昌が
突如出奔した為、員昌の養子となっていた津田信澄(信長の弟信行の嫡男)が
所領を引き継ぎ、1578年大溝j城を築城する。
明智光秀が縄張りをしたとされ、琵琶湖とその内湖を巧みに取り込んで築いた水城でした。
1582年6月2日本能寺の変が起きると
明智光秀の娘を妻としていた津田信澄に嫌疑がかかり
6月5日四国遠征途上の信澄は摂津国野田城にて
織田信孝(信長の三男)丹羽長秀の軍勢に討たれました。
信澄の後、丹羽長秀・加藤光泰・生駒親正・京極高次・織田三四郎と入れ替わり城主となった。
1603年廃城となり破却されました。
1619年分部光信が大溝藩2万石で入封し
大溝城三の丸付近に大溝陣屋を構え、以後代々続き明治を迎えました。
oomizo3.jpg oomizo7.jpg oomizo6.jpg
oomizo4.jpg oomizo5.jpg oomizo2.jpg
廃城となった城跡はとても魅力的でした。
本丸の天守台石垣が残されていますが
積み直されていないところが特によかったです。
琵琶湖の風景と相まって最高の大溝城跡でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg