尾張国 沖村城跡

林秀貞は1538年織田信長が4歳で那古野城主になったとき
信長付筆頭家老となりました。
その林秀貞の居館跡が沖村城です。

1556年信長の弟、織田信勝の反乱である稲生の戦いで
柴田勝家とともに信勝に味方し、信長に負けてしまいますが
信長に許され、筆頭家老として、その後の織田家躍進に力を発揮しました。
1580年信長により24年前の謀反を理由に、突然追放されてしまいました。
大ショックを受け2ヶ月後亡くなりました。
okimura1.jpg
遺構等はありませんが、魅力ある
沖村の集落を散策でき、とてもよかったです。
okimura3.jpg okimura2.jpg okimura4.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

若狭国 国吉城跡


本丸虎口跡

国吉城は、1556年若狭国守護大名武田氏家臣
粟屋勝久が、越前との国境に近い三方郡佐柿にあった
古城跡を利用して築きました。
1563年、越前朝倉氏の軍勢が攻め寄せましたが
見事撃退し、以降毎年侵攻する朝倉勢と戦い
城を守り通しました。
1570年勝久は、織田信長の軍勢を迎え入れ
織田軍は、ここ国吉城から越前攻めに向かいました。
1573年勝久は、織田勢に加わり一乗谷に出陣
朝倉氏は滅亡しました。
1583年豊臣秀吉の家臣木村定光が城主となり
城の改修と佐柿を城下町として整備しました。

関ヶ原の戦い後、若狭一国は京極高次が領有し
1634年小浜城主となった酒井忠勝は
若狭国東部支配の拠点として佐柿奉行所を置きました。
kuniyosi5.jpg kuniyosi6.jpg kuniyosi4.jpg
本丸跡
kuniyosi8.jpg kuniyosi3.jpg kuniyosi7.jpg
帯曲輪
kuniyosi1.jpg kuniyosi9.jpg kuniyosi10.jpg
城主居館跡        町奉行所跡(歴史資料館)

国境の城として押さえて置きたい場所に
国吉城は在りました。
本丸からは、若狭湾や丹後街道を眼下に見下ろす事ができ
重要な山城だったことが分かります。
本丸は2か所の虎口があり
隅櫓台跡と言われる場所は少し高く
櫓台外周部は石垣であったようです。
発掘調査で石垣・土塁・堀切・曲輪等の遺構も確認され
見る事ができます。
麓には歴史資料館があり、国吉城や佐柿の歴史を
分かりやすく知ることが出来ました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

越前国 小丸城跡


本丸虎口付近の残された石垣は、とても雰囲気がいいです。

1575年織田信長が越前一向一揆平定後
府中三人衆の一人、佐々成政が小丸城を築城しました。
味真野の扇状台地の末端に
野々宮廃寺跡の一部を取り込み
東西300m南北450m規模の城域でした。
1581年佐々成政が越中富山城に移り廃城となりました。

本丸・二の丸・三の丸・隅櫓跡などが確認でき
堀・土塁・石垣の遺構を見る事ができます。
komaru1.jpg komaru3.jpg komaru4.jpg
komaru6.jpg komaru7.jpg komaru8.jpg
越前そばの里で、美味しいそばもいただき大満足でした。

インターネット接続が、出来なくなったパソコンも復旧しました。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

訪問ありがとうございます

パソコンの不具合で、先週からFC2に入れません。
まだ復旧のめどがたっていませんので
会社のパソコンよりお便りしました。

いつもご訪問ありがとうございます。
iwado2.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

信濃国 高島城跡


1590年諏訪領主諏訪頼忠が
徳川家康の関東転封に従って武蔵国へ移った後
豊臣秀吉の家臣日根野高吉が、2万7千石で諏訪の領主となりました。

高島城は1591年に着工し、7年後の1598年完成しました。
北側の城下側に、大手門を配置し
湖の中に、衣之渡曲輪・三の丸・二の丸・本丸が
一直線に並ぶ連郭式で、諏訪湖と数条の河川に囲まれた水城でした。
天守は望楼型3重天守で、屋根は薄い板を重ねた杮葺でした。
ほかに櫓8基・門6棟が構えられ
諏訪の浮き城と呼ばれていました。

1601年諏訪頼水(頼忠の子)が旧領に返り咲き
以後、諏訪氏270年間の居城として明治に至りました。
takasima3.jpg takasima7.jpg takasima8.jpg
takasima9.jpg takasima5.jpg takasima2.jpg
天守や角櫓・冠木門が復元され
堀・石垣と相まって、桃山時代の面影を漂よわせてくれています。
石垣の所々に、築城当時の野面積石垣を見る事ができます。

日根野氏の名がでてきたので貼付しました。
日根野高吉(父 弘就) 美濃斎藤家時代の居館跡
本田城跡

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg