FC2ブログ

美濃国 山口城主居館跡


山口城主居館跡は、古文書を参考にした想像図によると、
方形の敷地には土塁と堀がめぐらされています。
戦国時代の領主は、6代目古田重安で、山上に山口城を築城したとされます。
谷汲街道と越前街道の交差点美濃山口は、軍事・経済の重要拠点でした。
yama2.jpg yama3.jpg yama4.jpg yama5.jpg
古田氏の菩提寺祐國寺                    山口城を望む
yama6.jpg yama7.jpg yama8.jpg yama9.jpg
居館跡は竹藪で覆われていて、居館跡碑を見つけるのも大変でした。
竹藪の中に一部土塁を見ることができました。

10年前の山口城訪問記ブログ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



尾張国 小牧山城跡

komaki9.jpg
小牧山城は1563年織田信長が築城し、清須から居城を移しました。
南に大手口を設け、大手道は直線的に中腹まで登り
右に折れて屈曲しながら主郭に至ります。
発掘調査により、主郭周囲には、上下2段あるいは3段の石垣が巡り
主郭北西斜面で石垣の高さは上段が2.5~3.8m、下段が1.2~1.5mであり
傾斜角70度で積み上げられていることが判明しました。
信長は4年後、美濃の稲葉山城を攻略し、岐阜と名を改めて居城を移しました。
これにより小牧山城は廃城となりました。

1584年小牧長久手の戦いが起きると、廃城となっていた小牧山城は
徳川家康と織田信雄の軍勢の陣城に、大規模に改修されます。
特に山麓を取り巻く二重の土塁・堀、虎口などは、この時築かれました。
戦が収束すると再び廃城となりました。
komaki2.jpg komaki3.jpg komaki4.jpg
komaki5.jpg komaki6.jpg komaki8.jpg
現在主郭には、市のシンボルとして、小牧市歴史館が建っています。
komaki1.jpg
発掘調査により見つかった石垣を見ることができます。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 

美濃国 伏屋城跡


この地域の領主は尾張国でありながら、美濃国の守護土岐氏に仕えました。
1586年木曽川の氾濫により、北側に流れていた本流が、現在の南側に流れを変えた為
国境も変わり、尾張国葉栗郡から美濃国羽栗郡へ変わりました。

伏屋城は、信長が美濃攻めで秀吉に作らせた城とされていますが、その時期が不明なこともあり
あの有名な一夜城は墨俣城ではなく、この伏屋城だったかもしれません。

残された土塁は竹藪に覆われていました。
fuseya2.jpg fuseya3.jpg fuseya4.jpg
fuseya5.jpg fuseya6.jpg fuseya7.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 

美濃国 岐阜奉行所跡


関ヶ原の戦い後、岐阜城は廃城。城山と城下町は徳川幕府直轄地となりました。
大久保長安が岐阜代官となり、美濃国の戦後処理をしました。
1619年には尾張藩領となり、町一番の繁華街伊奈波神社門前横に
代官所・奉行所を置き領地支配しました。

古地図と照らし合わせながら町を散策すると、奉行所回りの堀跡・馬場跡など
確認でき、とても楽しかったです。
gifubu2.jpg gifubu4.jpg gifubu5.jpg
gifubu7.jpg gifubu8.jpg gifubu9.jpg
堀は用水路に変わっているが、石垣が残っているところもあります。
gifubu11.jpg gifubu10.jpg
岐阜市民の総氏神様伊奈波神社
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代にへ
にほんブログ村
 

美濃国 岐阜城

gifu.png

謹んで新年の
  お慶びを申し上げます

   本年も宜しくお願い致します
                   権中納言
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg