FC2ブログ

近江国 彦根城


井伊直政は関ヶ原合戦の勝利により、徳川家康より石田三成の近江18万石を与えられました。
直政は三成の居城・佐和山城を取り崩し、すぐ近くの金亀山に彦根城を築城することにしました。
直政の死後家督を継いだ直継により、1622年完成しました。

彦根城は現存する国宝4天守の1つで、三重三階地下一階の小さな天守ですが
外観は東西面と南北面でまったく異なっていて
様々な破風を組み合わせた複雑な天守外観となっています。
天守は大津城から移築し四重天守を三重に改築、山崎三重櫓は旧長浜城から
太鼓門は旧佐和山城から、移築しました。
山の尾根上に曲輪を連ね、間を堀切で仕切っていく
中世山城の構造を持ち、加えて堅固な高石垣で防御されています。
侍屋敷や城下町を内堀・中堀・外堀で囲んだ広大な惣構えの城です。

映画でよく使われる天秤櫓の門にかかる橋を下から見上げる景色は最高です。
hikone14.jpg  hikone7.jpg
hikone4.jpg hikone5.jpg hikone3.jpg
hikone15.jpg hikone16.jpg hikone2.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

三河国 挙母城跡(七州城)


挙母藩は、1604年三宅氏が一万石で立藩し、その後国替により本多氏が一万石で入封。
1749年上野国より、内藤氏が二万石で挙母藩に入封しました。
挙母藩庁である陣屋(桜城)が、たびたび洪水被害を受ける為
1779年標高約60mの河岸段丘上に、挙母城を築きました。

現在、豊田市の顔として、隅櫓が復元されています。
挙母の地名が豊田市に変わっても、この城跡が挙母の地名を
後世に伝えていくことでしょう。
koromo1.jpg koromo4.jpg koromo3.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 


平成31年 元旦 若き信長像より



謹んで新年のお慶びを申し上げます
     本年も宜しくお願い致します
        平成31年 元旦
                   権 中納言

尾張国 岩崎城

iwasaki2.jpg
岩崎城は1528年ごろ織田信秀により築城されました。
1538年丹羽氏清が、本郷城から移り
以後氏織・氏勝・氏次と4代に渡って居城しました。

1584年小牧長久手の戦いの際
両軍膠着状態を打ち破るため秀吉方の
池田恒興が『三河中入り』作戦を実行した。
岩崎城の留守居役で城主の弟氏重が
その作戦を阻止しようと戦いを挑んだ。
その結果、氏重他300名全員が討ち死にし、
岩崎城は落城しましたが『三河中入り』作戦を阻止でき
家康からその功績を大いに認められました。

1600年関ケ原の戦いの戦功により
三河伊保一万石の大名となり
その後、岩崎城は廃城となりました。
iwasaki3.jpg iwasaki6.jpg iwasaki4.jpg
iwasaki1.jpg iwasaki5.jpg iwasaki7.jpg
本丸・二の丸・東西曲輪及びそれらを取り囲む
空堀や土塁が今に残されています。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 

飛騨国 高山陣屋


金森氏による百余年、六代続いた高山藩政に終わりを告げ
1692年徳川幕府は、飛騨国を幕府直轄領としました。
高山藩主金森氏の下屋敷を改造し、陣屋としました。
明治維新に至るまでの177年間、25代の代官・郡代が
江戸から派遣され、行政・財務・警察などの政務をおこないました。

米蔵は高山城から移築され、創建400年余と歴史ある建物です。
加えて、十万石格の格式高い玄関なども今に残されています。

「飛騨高山まちの博物館」は無料で、いくつかの蔵を繋げていて
大変広く、展示物も多く、おすすめです。
takayama3.jpg takayama2.jpg takayama6.jpg
takayama7.jpg takayama5.jpg takayama4.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
work house
koubou.jpg